2018年4月24日 (火)

サトエリふせえり豪華共演半分、青い。

名古屋ローカルのなつかCMYouTubeよりバブル期の名古屋におしゃれな(笑)ビルが誕生したけどすぐにテナントも少なくなっていき中身スカスカだった印象しか残ってません。
地下鉄の名古屋伏見の中間地点で名古屋駅から歩いていくには健康的な距離だったのもダメだったのかな?
さてさて本題ですが朝の連続テレビ小説半分、青い。であるが時期的にはこのバブル時代の岐阜県東美濃市といった架空の都市を舞台にしたドラマは450代、そして名古屋周辺の視聴者のハートをガッチリ掴みそうだ。
ドラマに出てくる風景は恵那市、それも旧岩村町といった大正村近辺だけど東美濃市多治見近辺といった設定?とみてるけど恵那ならデートで恵那峡ランドに行くであろうのに明治村へとデート明治村が明治村そのものでの登場も結構珍しい?してる。
ましてや東濃地方からこの遊園地にデートはいかないであろうすでに閉園内山くん若い!

2018年4月23日 (月)

人間はどこまでいっても今の自分でしか勝負できないんやで論。中編


現実を知ることは自分の悪い部分を自覚することでもある。

プロフィールでも書きましたが、

人は誰でも光と闇の部分が存在します。
この光が自分の良い部分になりまして、

闇が自分の悪い部分になるんですよ。
そして、この悪い部分を自覚していない人は、

日常で無意識に自分の悪い部分を

ちょいちょい出していることに気づいていません。
でも、はたから見れば丸わかりなんですよ。
なぜなら、

見ている人は視覚と聴覚を通じて

自分のことを丸ごと見ているから。
分からないのは

自分の悪い部分を上手く隠せている

と思い込んでる本人だけです。
カウンセリングでもよくあることなのですが、

クライアントさんの好きになった男性が

よくよく聞いてみるとぜんぜん大したことがなかったり、

むしろクズな人間だったということがよくあります。
相手の本質が見えていないのは

その男性を好きになったクライアントさんだけでして、

相手を美化して見ているから多少の違和感や不信感があっても

目を背けてらっしゃるんですよね。
なぜ、僕が相手の本質が分かるのかと言うと

僕の洞察力を差し引いても、

悪い部分が隠しきれずかならず顔を出していて

しかもその悪い部分がいろんな部分に派生しているからなんですよ。
現に、そういった男性は周囲の人間から嫌われていたり

陰口を言われていることが多いです。
そして、

悪い部分から目を背けている人に共通しているのが、

そういう部分はあるかもしれないけれど、

今までそれで生きてこれたし、

これからも今まで通りいけんじゃね?とか

そういう部分はあるかもしれないけれど、

誰はもっと酷いし私はそこまでじゃない

といった感じで認めようとしないんですよね。
ですが、残念ながら自分の悪い部分というのは、

自分が思っている以上に根深いもので深刻だと思った方がいい。
そして、前述したように悪い部分をちゃんと自覚しないかぎりは、

日常でその悪いところがしっかりと見え隠れしているんです。
たとえば、

自己否定が止まらない人は節目がちだし

入れなくていいところで自虐ネタを入れます。
人を見下す人は、

ふつうの話をしているときでもなんか上から目線だし、

自分が上に立ちたいから自分より出来ている人のことを認めようとしません。
自分に都合が悪いことから逃げる人は、

逃げなくていいことからも逃げるし人と向き合えないんです。
人への配慮が足らない人は、

LINEやメールの文面だけを見ても独りよがりで

自分のことしか考えていないのが分かります。
感謝ができない人は、

してもらっていることが当たり前だと思っているので、

口ではありがとうと言っても心がこもっていません。
書き出すとキリがないのでこの辺にしておきますが、

ようは自分の悪い部分を自覚していない人って

恋愛だけではなく普段の生活にも連動して

無自覚に自分の悪い部分を出しているし、

隠そうとしてもにじみ出ているということです。
それが行き過ぎると周囲の人たちに陰で

あの人ってああいうところよね

と噂されてしまうんですよ。
噂されているのを知らないのは本人だけです。
僕が、自分で思っている以上に深刻で根深いといったのは

こういった理由だからなんですよね。
なので、自分の悪い部分をしっかりと自覚した上で

その悪い部分と真逆の生き方を心がけることが必要になります。

では次に、悪い部分を自覚しないまま放っておくと

日常でどのように作用して連鎖するのかをお話させていただきましょうか。

身近にひそむそういうところやで?という人たち。

前述のように、自分の悪い部分を自覚していない人は

日常生活で自分の悪いところを無自覚で出しています。
もし、うっすらと自覚しているつもりでも、

当の本人が完全に認めていないのであれば

うまく隠しているつもりであっても、

接する側の人間からするとその悪い部分は

しっかりと違和感となって相手に伝わってるんですよね。
そんなわけで、

悪い部分を無自覚に出しているそういうところやで?という

人たちの特徴をお話させていただきます。

相手への配慮が足りない。

まず、人に対して配慮が足りない人の特徴をお話させていただきます。
自分の目的や願望が最優先

とにかく人任せ

周りの状況や他人に無関心

自己愛が強い傾向にある

人の気持ちを考えない

デリカシーがない
配慮のなさといってもいろんなケースがありますが、

たとえばブログのコメント欄を見ていると

配慮が足りない人たちの文章というのは一発で分かります。
明らかに長いコメントを残した人たちに対して僕は

長いですとはっきりお伝えしているのですが、

これは決して公開処刑しているわけではなく

今まで誰にも言われたことがなかったんだろうなと思って

おこがましいのを承知で嫌われる覚悟の上で僕が代わりに言っているだけです。
改行をしない人に対しても同じように

改行してくださいとお伝えしていますね。
ちなみに、この長いですの言葉の意味をぜんぶ書くのであれば

下記のようになります。

不特定多数の人たちが見ていることをちゃんと分かって書いてますか?


その人たちが長いコメントを見てどんな気分になるか考えたことありますか?


そして、コメントを残してくださる方の文章量と自分の文章量を比較してますか?


さらに、この方たちがどんなコメントを残してるのか見たことがありますか?


それからこのコメント欄はあくまでも交流を目的としたスペースで

今の悩みをすべて解決できる場所じゃないって分かってますか?


その上でハッキリ言いますね。


長いです。
僕に長いですと指摘された経験がある人は

グサグサ来ているかもしれませんが、

残念ながら配慮が足りないのはコメントの文章量だけでなく

文面にも共通して配慮の足りなさが出ています。
それはなにかと言うと、

一方的に自分の感情がつづられた独りよがりな文章だということ。
そして、自分の感情しか考えていないので

相手の都合や事情がまったく見えていないということです。
無料のコメント欄なんだから好きに書かせてくれたっていいじゃん!

と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、コメント欄にかぎらず誰が相手であれどんな場所であれ

配慮することをおざなりにしてしまう人は、

かならずと言っていいほど日常から人や物事に対しての配慮ができていません。
ようするに、ふだんから人に対しての配慮が足りない人は

どれだけ隠しても言動すべてに表れていると言いたいんです。
ちなみに、相手を選んで配慮するかしないかを考えてる時点で論外なので、

相手次第で接し方を変えている人は自分の在り方を一度見つめ直した方がいいでしょう。
とはいえ、僕がコメント欄で指摘したあと素直に謝罪し、

ちゃんと短文にしたり改行したりしてくださる女性は

ものすごく好感が持てますしステキです。
その素直さを応援したいし、

そういう良い部分が恋愛でも

ちゃんと出ればいいのになと思ってしまうんですよね。
中には噛み付いてくる人もいますから。
そんな、噛み付く人をひっくるめての

そういうところやで?という人たちが次のようになります。
手のひら返し。

次に、手のひら返しをする人の特徴です。
タダでなんとかしてもらおうとしてやってくれないと怒る

思うような答えが得られなかったらスネる

自分の尊厳が傷つけられたと勝手に決めつけ激昂する

都合のいいときだけ媚びて都合が悪くなると逆ギレ

自分が承認されないと分かると感情的になる

自分の感情を受け入れてくれない相手は敵になる
自分の思うようにならなかったとき

今までの関係性を破壊するかの勢いで

手のひらを返すような人たちですね。
よくあるのが、なにかの技術や専門に特化した友達に

いいじゃん、友達でしょ〜タダでやってよ〜とお願いし

断られたらなによ!ケチ!やってくれたっていいじゃない!とキレたり、

借金するときは頭下げまくって感謝していたのに、後日、返済を要求すると

無い袖はふれないんだよ!と逆ギレするような人たちです。
僕にも経験がありまして、

楽をして正しい自己投資をした女性は幸せになれるという法則。自己改革すんじゃねえよ

でも書きましたが、以前、無料メールカウンセリングをやっていたとき

2回目のカウンセリングを無料で受けようとする人がたまにいたんですよね。
そのとき、

恐れ入りますが二度目以降は有料となっておりますと伝えると、

結局金ですか。もういいです。とか

信用してたのに貴方もお金なんですね。とか

そうやって金儲けがんばってください。なんて言われることがありました。
その度に

今のままやったらこの人たち、絶対に恋愛うまくいかんやろなあ。

と思っていたのですが、

なぜ手のひら返しをする人がダメなのかと言うと

自分の望みどおりにならなかったといって

急に態度を変えるその根性があさましく卑劣だからです。
ようは、

態度を急変させれば自分の思い通りになるかもしれないと

無意識に思って行っているわけですからね。
じゃないと、そんな露骨に態度を変えることなんてできません。
それに、こういった人たちの多くは

手のひらを返す前から厚かましさや卑しさが

すでにちゃんと言動に出ています。
なので、やっぱり悪い部分がぜんぜん隠しきれてないんですよね。
ちなみに、小池一夫先生も仰ってましたが

そういう人だと思いませんでしたと言う人って、

どんなイメージで自分のことを見ていたんだろうと思います。
勝手な理想を押しつけて勝手に裏切られた気になるなよっていう。
まあ、僕はまだ言われたことがないんだけども。

上から目線。

そして、上から目線の人の特徴です。
言葉のチョイスがすでに上から目線

できてないのに自分の存在を過大評価している

自分より劣っている人を見つけることで安心する

必死こいて守っているプライドがしょうもない

自分よりできている人を認めようとしない

人をほめることをしない
何度か誰かになんでそんな上から目線なの?と言われた人は

どれだけ認めたくなくても周りの人から見たら

自分はそういう風に見えてるんだとちゃんと自覚しましょう。
なぜなら、残念ながらふだん発する言葉のチョイスがすでに

人を見下しているからなんです。
上から目線を指摘されたことがある人は

以下のことに心当たりがないか思い返してみてください。

否定系の言葉が多い

例私、それ嫌いそんなの無理に決まってんじゃん絶対違うでしょ


偉そう

例アナタは知らないかもしれないけどだから言ったよね?それくらい分かるでしょ?


自己主張が激しくなんでも自分に結びつける

例私の場合はさ〜私は違うと思うな〜私がしてたときは〜


ストレートすぎる

例絶対の方がいいって!だから上手くいかないんだよアナタってそういうとこダメね


自慢話が多い

傾向誰か権威ある人にほめてもらったことをしきりにアピール

過去の成功体験を今起こっている出来事かのように話す

自分はできているという前提で能力誇示
といったところでしょうか。
上から目線の人の特徴として

前置きをはさまないというものがあるのですが、

どういうことかと言うと

ちょっと自分の話になるんだけどいいかな?とか

私の考えを言ってもかまわない?とか

気を悪くしないでほしいんだけどといった

ワンクッションがないということです。
ちなみに、まったく上から目線のつもりじゃないのに

相手の受取り方でそういう風に見られたりすることもありますが、

それでも前置きを挟むだけで印象は大きく変わると思っていいでしょう。
それと、上から目線の人の中には

一体この人は誰とたたかってるんだろう?

と思うぐらい、自分を誇示することに必死な人がいます。
ようは、心の奥底を見られたくないあまり自己防衛本能が働いて

自分の方が上だと証明したいだけなんでしょうが、

自分を誇示すればするほど言い訳がましくなって

中身のなさや能力の足りなさが露呈されていることに

当の本人は気づいていません。
しかも、自分よりできている人のことを認めようとせず

なんとか自分より下に持っていこうとあら探しばかりし、

そのあらが見つかると鬼の首をとったかのごとく

その人を全否定するためにたった1つのあらを突付きまくるのも特徴です。
さらに、上から目線の人たちが人をほめないのは、

自分ができてなくて相手ができていたら

ほめることによって自分の無能感を認めることになるから

ほめるのが嫌なんでしょうね。
単純に、ほめると相手が調子に乗るのが嫌だからという理由もあります。
あと、上から目線の人は他者の意見を聞き入れないです。
それが自分にとって改善すべき点であったり

耳が痛いことだったりするほど、

現実の自分を認めたくないから否定してしまうんですよね。

後編では、身近にひそむそういうところやで?という人たちの続きと

人間が今の自分でしか勝負できない根本的な理由についてお話させていただきます。

2018年4月22日 (日)

会社の評判

五建工業株式会社(東京都千代田区内神田)の評判
・給料は工事課の係長〜専門課長で30万円台のようだ(事務員に聞いたおおよその話)。
・ボーナスは全く出ないということはない。
・転勤は普通にある。出張は頻繁にある。東京→北海道とかある。一か月に1〜2度帰省できるが、それ以外は交通費が出ない。
・定年退職以外の辞職者数は年に二人以上。職種に差はない。給料改訂後はどっと辞めていった。現在も辞めたいと思っている人が常にいる状態。
・中途採用は結構採ってる。
・2年くらい前までは一か月まるまる出勤とかあった。今は休みなさいというお達しが出ているが、一か月に1〜2日休めるようになったというだけ。ちなみに、工事が終わってから一週間くらいの休みをまとめてとることが多いので、代休とか消化できるかどうかは現場による。GWやお盆休みもとれるかは現場による。
・パワハラ、セクハラが横行している。東京支店ではパワハラ、茨城営業所ではセクハラが起きている。数年前の話になるが、具体的には、上に意見を言うと頭を引っぱたかれる(周囲に人が結構いたし、何も意見を言えない異常な空気に引いた)、女子トイレに男性体液関連のイタズラがあった(茨城営業所事務員に聞いた話)。
・言った言わないが多く(無能ってことかもね)、社内でもトラブルが多い。
以上、入社してから知ったこと。ほぼ聞いた話ではあるが、記録や複数人の証言があり、間違ってはいない。

2018年4月21日 (土)

京都-7-5人気無1着3人56倍東京-

京都-7-5人気無1着3人56倍東京-5-2人気無1着3人46倍ワイド65倍

[経済]朝鮮復興特需で日本も30年不況から脱出だZe

本当なら小泉政権時代に出来たことな訳だが、あの時は拉致問題の処理に納得しない世論が不況の継続を選択した訳だ、その愚を繰り返すかどうか、これからが正念場だ。
■北朝鮮「核実験、必要なくなった」 実験場閉鎖を宣言
(朝日新聞デジタル - 04月21日 07:44)

パンちゃんの一言、、、この一言だけにい

パンちゃんの一言、、、この一言だけにいろいろな思いが含まれてる気がする。ももクロの歌詞、、、ももらんど、、、ももクロがZになった曲6人から5人に、、、今の現状

2018年4月20日 (金)

怒りの頂点の先には。

怒りの頂点。の続きです。

自分で言うのも何なんですが
怒りの沸点が人とは違うだけで
決して怒らない聖人君子ではありません。
怒りはもちろん湧きますが、時すでに遅しで
今更な状況になるため我慢するのがほとんど。笑
それに、怒ると無駄に体力を使って疲れるし
でもあまりにも理不尽過ぎるときは
我慢の限界を通り越して大爆発を起こします。
そうなると自分でも止められません
なので、同僚や上司には
怒らない人。

だけど、怒ると怖い人
と思われているようです。笑
私のこの性分を最後まで誤解していたのが
元の夫だったりするんですけどね。笑
話を戻して。
夫の言い分を要約するとこんな感じ。
今の俺が自由に身動きが取れないのは
お前のせい。
自分で働いて得た金を自由に使えないのも
お前のせいだ。
職場もそうだ。全部を俺に押し付けて
自分たちばかり楽をしようとしてる。
それもこれも全部お前が悪い!
お前、お前、お前って昭和の演歌か!
って何度ツッコミたかったか。笑
普段はお前などとは決して言いません
身動きが取れないのは事実で
でもそれは夫の父親が原因。
お金は確かに全部夫が一人で
使えるわけじゃないけど
それなら私だって同じこと。
でも肝心なのはここ。
職場もそうだ。って何?
仕事は関係ないでしょーよ
職場が同じでもあるまいし
とまぁ、味噌もも一緒とはこのこと。
他にも有る事無い事、普段は使わない言葉で
八つ当たりまがいのことを言いたい放題
そんな夫の言いたい放題は
15年ぶりに娘と会えたのに
自由に会うことも出来ない。
一緒に暮らすなど到底出来ない。
なぜならお前と結婚したからだ!
と、哀しいかな、そう聞こえてしまいました。
知り合って二年、付き合って五年
入籍して一年目のことでした。
あの時をこうして振り返っても
今の夫からは全く想像することはできません。
あれから夫が変わったのではなく、元が今で
あの時が変だったとしか言いようがありません。笑
このあと、私も積もり積もった一年間の
恨みつらみをぶつけます。
夫の娘が現れてからこっち
いつ引き取ると言われてもいいように
ありとあらゆることを考えました。
そのために私の娘とも何度も話し合いを重ねて。
娘は今の現状を受け入れる、と。
だって自分と夫の娘は同じ立場だから、と言い
私よりも遥かに寛大な心を持っていました。
だけど、私には受け入れ難い。
でもそれは、夫の娘ではなく
夫の心そのものでした。
この喧嘩に至るまでの一年の間
ウソを吐き続けてきたこと。
正直に言えない原因は少なからず私にも
あるのかもしれないけど嘘を吐くから良い気はしない。
でも、娘と私たちの架け橋になれるのは夫自身。
それなら自ら努力すべきだったのではないかと。
でも彼の考えは違う。
私たちに受け入れて欲しいなどとは考えていない。
今は母親と暮らす実娘が幸せにはほど遠い。
だからこそ、今自分の居場所に呼ぶことで
新しい家族に実娘が気を使う姿を見たくない。
そんな窮屈な生活を送らせるわけにはいかない。
こんな風に考えていたと思います。
気を使うのは何も自分の娘だけではない。
私も、私の娘も間違いなく気を使う。
でもそこは完全にスルー
木を見て森を見ず
ってこういうときを言うんですね。
一度使ってみたかった。笑
でもねー。
まさか夫がこんな風になるとはねー。
まさに青天の霹靂でした。笑
お父さんをここまでにした娘は魔性だな。笑
お読みくださり
ありがとうございます。

2018年4月19日 (木)

ぐでたま日曜日雪塩宮古島の海の恵み最高金賞受賞

1217ぐでたまと頭痛ひたすら甘いを求めて自分に優しく
1217
マラリヤ地獄の波照間島
このマラリヤ被害がとりわけひどかったのが日本の最南端にある八重山諸島の波照間島。
波照間島
日本軍はいないが、一九四五年の初めにスパイ養成機関である陸軍中野学投出身の離島工作員酒井喜代輔軍曹が、山下虎雄と名のって青年学校の指導員として送りこまれる。
山下は本書12で説明されているように、秘密戦の組織者。
彼は島の青年を集めて秘密戦の訓練を実施。
三月下旬に突然、村長ら村の指導者にたいして、全島民は西表島に疎開せよ、という命令を出す。
これにたいして、米軍はすでに慶良間に上陸していた。
波照間に上陸するおそれはないし、しかも波照間にはマラリヤはないが西表島はマラリヤ地帯である事から、かえって危険である、という反対の声も出される。
しかし山下は日本刀をふりまわして、疎開の命令に反対するものは斬る、牛馬も皆殺し、家も焼き払い、井戸には毒を入れる、と島民を脅迫する。
そのため島民は疎開を余儀なくされ、十分な準備もできないまま、四月から全島民が西表島に移る。
島民は一部
自分たちの食糧として持っていくが、残りの大部分は屠殺されそして、石垣島の日本軍が乾操肉にして持っていく。
波照間島民たち
西表島の南側、つまり波照間に面した南風見海岸で集団生活をおこなうことに、ここで山下は一部の島民を手下にし暴君のようにふるま海の。
島民にたいし何かあるごとに竹棒で暴行、
山下は衛生のためにと小学生らにはえをとらせる。
ところが、その集めた数が少ないと、山下の手下である一教師が竹棒で体罰を加える。
結果、小学投四年生の女の子が、その体罰がもとで死に、ほかに二人の児童も同じように死んだ。
こうしたなかで、食塩も欠乏し身体も弱って、南風見はハマダラ蚊の発生しやすいところであったこともあって、マラリヤが急速に広まる。
高熱と震えをくりかえし、身体は衰弱し、ついには死に、耐えかねた島民たちは七月末に山下には黙って代表を石垣島の旅団司令部に送り、帰島の許可を得ることができ、ようやく八月に波照問に引きあげる。
しかし波照間では
殺された家畜が異臭を放ち
家や田畑は荒れはて、
ソテツやイモ、野草などでかろうじて食いつないだ。
だがマラリヤの猛威は翌年に入るまで続き、多くの生命を奪い、マラリヤ患者を出さなかった家はな買った。
またほとんどの家から死者を出し、この犠牲者の比率の高さは、沖縄本島中南部の激戦地に匹敵する。
特務機関の責任
波照間島民を地獄に突き落とした直接の責任者である山下は、そのまま生き残こる。
戦後も何度か波照間を訪れ、そのときに、町会議員や各部落の代表ら島民有志一九名が連名で、山下に抗議書をつきつけた。
あなたは、今次大戦中に学校の教師の収面をかぷり、また国民を守るはずの軍人を装いながら、
島の住民を守るどころか住民を軍刀による抜刀威嚇によつて極悪非道極まる暴力と横暴をふるまい、軍の命令といつわり、
島の住民を死地マラリアの島へ医薬品等皆無のまま強制疎開させ、全島の家、畜を日本軍の食塩に強要させ、
全島を家畜の生地獄にさせ、
またその後は食糧難とマラリアで、
全島を人間の生地獄にさせ、
そのために、家系断絶や廃家を続出させた、
悲憤の歴史的事実を、あなたは忘れたのか
我住民はこの平和な島の歴史に、たとえ戦時中といえども、あなたの謀略による極悪非道な犯罪と、その傷痕はこの島の歴史の続く限り忘れることはできない。
日本軍が、日本軍のいないこれらの島の島民を強制疎開させた理由は、はっきりとは断定できないが、
ひとつには軍の食糧を確保するという理由が考えられる。
事実、疎開に連れていけない多くの家畜が軍のものになり、
もうひとつは、島民が米軍の支配下に入ると米軍に協力して日本軍の配置をもらしてしまう、という軍の住民観があった。
これは住民をスパイ視するものであり、日本軍が、住民の投降を許さず、自決を強要したり殺害したりしたことと共通する性格の問題である。
孤島の飢餓
沖縄は、本島との連絡船を空襲で失い、連絡がとだえた。
そのため米の配給がこなくなり、いつ米軍機に襲われるかわからないので、海に出て魚をとることもできない。
毎日ソテツを食べるようになったが、その毒にあたってしばしば中毒死した。
老人たちからは栄養失調で亡くなる人が続いた。
戦争についての情報はいっさい入ってこず、九月半ばに米軍がやってきて、島民は戦争がすでに終わったことをしる。
沖縄戦が終わってから二か月以上、日本が無条件降伏してから一月もたってからであった。
沖縄戦はこうしたかたちで戦闘のない島にも惨禍をもたらせたのである。
住民にとっての軍隊とは
八重山諸島や宮古島などのように米軍が上陸しなかった島でも、日本軍の横暴な徴発動員強制疎開と、それに続く飢えとマラリヤによつて、住民に大きな犠牲がでた。
日本軍のいなかった島でも外との連絡がとだえ、飢えに苦しめられ、餓死者まで出した。
離島におけるこうした経験は、戦争の惨禍がけっしてせまい意味での戦場にとどまらないことを示している。
ひとつ興味深いことは
日本軍がいなかったことにより島民が妨害されることなく米軍に投降し、大きな犠牲をだすことをまぬがれた、慶良間諸島の前島や伊是名島本島の北のような例があることである。
沖縄本島や伊江島なども含めて
沖縄戦の経験は、軍隊や基地の存在が、けっしてその住民の安全につながらないことを示しているのではないだろうか。
本島から日本兵が逃げて渡ってきたとき、兵隊がいるとかえってあぶないとその日本兵を島から追いだした、
瀬底島本部半島の西の人や日本兵がいると住民までやられてしまうからと壕から日本兵を追い出し、
みんなで米軍に投降して助かった宜野湾の人びとなどは、このことを直観的に理解していたのであろう。
米軍基地を拒否
自衝隊の駐留に反対する
今日の沖縄県民の気持ちは、沖縄戦の体験のなかから生まれてきたもの。

1218延命治療と自然死について考える

天国より野蛮〜WILDERTHANHEAVEN〜中谷美紀
街角ごとの落書には途方に暮れた神がいる
電線づたいに夜の都市に空の青さは伝染する

眠った君の右耳からいつかの海の音がして
岸辺で君を抱きしめると気が触れそうな気持ちになる

明け方に見つけた虹はどこか不吉さ
君のこと失くした夢を見たみたいに

美しいすべては恐しさの前兆
奪われた心は帰れない孤児

誰からも気づかれずそっと輝く
悲し気な宝石さ君は泥の中の

君を土足で辱しめる悪夢から君を救いたい
天国よりも野蛮なのに空の青さに泣きたくなる

虹に目がくらんで欺瞞を愛しすぎてる
ファシストの靴音君だけに聴こえる

負けないで信じてて何度負けても
欲望の亡霊に星が占拠われても

君を土足で辱しめる悪夢から君を救いたい
天国よりも野蛮なのに時世界は美しくて

微笑った君を抱きしめると気が触れそうな気持ちになる
天国よりも野蛮なのに空の青さに泣きたくなる

Wilderthanblueheaven
Whentheworldseemstodie
RescueyouIwilleven
Ifthefearwetsyoureyes

Foolishgame(played)bytheirrules
Amongthelonelyfools
Asbirdswaitfortheknife
Youarelookingforthelife

Wilderthanblueheaven
Theyliewhatyouwontlie
RescueyouIwilleven
Whenthefearwetsyoureyes

Foolishgame(played)bytheirrules
Inthecaveofthefools
Asbeasts(will)waitfortheknife
Youarelookingforthelife

仮面ライダーなでしこ真野恵里菜結婚か!

仮面ライダーなでしこ真野恵里菜結婚か!!!!!!

深夜の会見は朝刊に掲載されるのを避けた?

フジやTBSは生中継していたけど、テレ朝はこれを行わず。
自社に甘い、そして1年以上も握りつぶしていたことからもコンプライアンス意識が欠如しているね。
■セクハラ被害はテレ朝記者=次官発言録音、週刊新潮に
(時事通信社 - 04月19日 01:05)

«事務次官の辞任